HOME >>具体的報酬体系

「資料を全て揃えるので報酬を値引いてほしい」
「2次相続の提案も無料でしてほしい」など税理士に対する相続人のニーズは様々です。

松岡会計事務所では36年間相続人の方からご意見をお聞きしてきました。
その結果たどり着いたのが「3つの割引」つの無料サービス」です。

【料金算出の仕方 】

料金=【基本報酬】【3つの割引】
【5つの無料サービス】


  1. 「遺産総額」と「遺産に占める土地の割合」によりおおよその報酬が分かります。
  2. 大阪在中の方や資料をそろえていただける方は各種割引を受けられます。
  3. 相続後の確定申告無料などのサービスを受けることが可能です。



【概算報酬速算表】

松岡会計事務所では遺産に占める土地の割合に応じ、遺産総額の0.4%~0.8%を相続申告報酬の一つの目安としておりますが、大阪在住の方や資料をきちんと揃えていただける方については遺産総額の0.3%~0.6%となるように設定されています。
なお、計算後、申告税額が0となる場合、一律30万円の報酬で相続申告を承っております。

土地の割合

40%以下

60%以下

~100%以下

遺産総額※1

×0.4

×0.6

×0.8

~1億円まで

40万円

60万円

80万円

~2億円まで

80万円 120万円 160万円

~3億円まで

90万円 150万円 210万円

~4億円まで

120万円 180万円 240万円

4億円以上~

※要相談(遺産総額に比例し割引)


申告税額が
0となる場合

一律30万円※2
(平成27年度末まで)


※1 遺産総額とは負の財産を差し引く前の正の財産の合計額です。
※2 大阪割、資料割の対象の方に限ります。


速算表の報酬は概算の報酬です。
見積もりは無料ですのでお気額にお問い合わせください。


【3つの割引】

申告の窓口となられる相続人が大阪の方の場合又は大阪以外の方でメールや郵送による情報交換が可能な方は、事務負担軽減分として報酬を10%値引きいたします。

ガイドラインにそって必要資料等(戸籍や地図など)を全てしていただける場合、事務負担軽減分として報酬を10%値引きいたします。


まだ登記がお済でなく、申告と一緒に登記も依頼される場合、登記件数により司法書士報酬の10%~50%相当額を値引きいたします。


【5つの無料サービス】


相続申告に必要な「不動産の登記薄謄本」等の書類を「無料」で取得します。 ただし「資料割」の適用はありません。

準確定申告や遺産分割協議書の作成など相続申告に付随する業務は全て相続申告報酬に含まれており「無料」です。

相続税の納税の為や故人のご自宅などが空き家になり、不動産の売却を考えられている場合、大手不動産屋を含み複数社相見積もりさせ最高額での売買を「無料」であっせんします。

2次相続でも相続税が多額に発生する見込みの場合、2次相続における相続税額が最小限になるよう提案書を「無料」で作成します。

相続により収益物件を取得された方や、不動産を売却された方は翌年において所得税の確定申告が必要となります。相続申告翌年の確定申告に限り「無料」で作成します。



【実例】
以下は実際に担当した相続申告の一部抜粋です。

【遺産総額1億、申告税額0となり報酬30万円のケース】
遺産総額は1億円、そのうち自宅の敷地が3,000万円含まれており、特例を適用したところ基礎控除額を下回り報酬一律30万円の適用が可能になりました。

【遺産総額1億2,000万円で報酬負担33万円のケース】
遺産総額1億2,000万円でそのうち土地の価格が4,800万円(40%)、基本報酬は48万円でしたが、連絡を取られる方が大阪在中で、資料等もきっちりと揃っていたため大阪割、資料割の適用により申告報酬38万円。
司法書士報酬も10万円を5万円まで値引きし、実質負担33万円となりました。

【遺産総額2億5,000万円で報酬負担57万円のケース】
遺産総額2億5,000万円でそのうち土地の価格が1億円(40%)、基本報酬は100万円でしたが、資料等もきっちりと揃っていたため、資料割の適用により申告報酬80万円。
司法書士報酬も20万円を10万円まで値引きし、実質負担70万円となりました。

【遺産総額7億円で報酬負担300万円のケース・売却を無料あっせん】
遺産総額は7億5,000万円、そのうち土地の価格が6億円(80%)、報酬は交渉により300万円となりました。 この方は相続税の納税の為、不動産を知り合いの業者に売却される予定でしたが、不動産の売却額は業者によっておおきなばらつきがある為、6社の会社に競売させることを提案。 売却予定であった価格より8,000万円高く売却することができました。 また、相続税も銀行計算より6000万円低くなり、「当初予定より1億4,000万円の財産が残った」と非常に喜ばれました。
相続後に2次相続対策も無料実施し、現在も良好な信頼関係を築けています。







 



既に相続が発生された方

まだ相続の発生されていない方



出版物のご案内

まんがでわかる!!絶対に!!後悔しない相続申告