HOME >>円満相続のポイント

誰しも争続は避けたいとおもっているにも関わらず、毎年遺産相続の相談は増加傾向にあります。
円満相続のポイントは「相続対策」「遺産分割協議」にあります。
以下、私が実際に携わった「争続」「円満」に解決した事例をご紹介します。








  ある遺産分割協議で…

数年前、ある相続で遺産分割協議に立ち会った際、
「これはもめるな…」という険悪なムードに包まれていました…。

「資産家」「相続人が多い」「相続人間の関係が希薄」「すでに被相続人の配偶者が亡くなっている」など、
もめる要素を全て揃えてみました!!と言わんばかりの相続…
案の定、お通夜の晩から早速臨戦態勢で、息も詰まるという感じの雰囲気でした。


  産分割協議と同時に激しい争いが始まり

民法は「同じ立場の相続人」の相続分を平等に定めています。
しかし、実際の相続では「最後まで世話をしたのは私だ!!」
「あなたは生前に財産を私より多くもらったでしょ!!」といった争いが多々あります。

この相続でも定石どおり、遺産分割協議と同時に激しい争いが始まりました…。

その時!!

(初めはなぜこの場にいるかわからなかった)司法書士が一言、
「ここに公正証書遺言があります!!」
遺言はまるで水戸黄門の印籠のように相続人全員を一瞬にして静まらせました…。

  相続人の中には涙を浮かべる人も

そして相続人全員が居住まいを正し、遺言内容が読み上げられるのを粛々と聞いています。

遺言は「相続財産の中で最も大きな土地を長男に相続させる」という内容でしたが、
付記事項に「相続人には仲良くしてほしい」「二男の事が心配だ」など、
まるでその場につい先日お亡くなりになられた被相続人がいるかのような、
本人の言霊が響き、相続人の中には涙を浮かべる人もいました…。
その後、相続人は遺言内容を受け入れ、故人の昔話などで盛り上がりました…。

実は私はこの時「公正証書遺言」を初めて目にしました。
そして素直に「素晴らしい!!」「相続に関わる以上こんな仕事がしたい!!」と胸が熱くなりました。


  相続税が高い!!

ところが、いざ相続税の計算をしてみると…「相続税が高い!!」
結局長男は相続したその大きな土地を物納することになりました…。

確かに被相続人の「遺志」は大切です!!
しかし、将来「相続税」が発生する方はその事も遺言内容に加味して欲しい!!

  信託銀行の遺言でも同じ

これは信託銀行の遺言でも同じです。
私は、遺産分割に何度も立ち会ったことのある税理士の立場で遺言のアドバイスをすることが、大手信託銀行の無資格の担当者よりもよっぽどいいと思っています。
(そもそも、大手信託銀行の遺言執行時の手数料は正直高すぎです…)

生前における相続対策ではこのような『遺言』の他に、
『贈与』や『保険』により被相続人の「遺志」どおりの相続を実行することが可能です。

さらに、相続「税」対策もそこに加味したいという場合は一度
相続税対策シミュレーションを試してみてください。

あなたにあった相続対策をコーディネートさせていただきます!!


エピソード・遺産分割協議で円満解決

遺産分割の方向性を提示することも税理士としての大きな役割…

  円満相続の最大のポイントは生前相続対策をしておくこと

円満相続の最大のポイントは
前述の「遺言」「贈与」「保険」など生前相続対策をしておくことです。

しかし、自分の死んだ後のことに対して積極的な方はほんの一握りです。
現実には、ほとんどの方が何の対策もせず、相続を迎えます。

  不動産を誰が取得するのか

ある遺産分割協議でもやはりそうでした、
もともと法人顧問のお客様だったので、遺言をお勧めしていたのですが、
その甲斐もむなしく、お亡くなりになりました。
案の定「相続」「争続」に…
この時、「不動産(収益物件)を誰が取得するのか?」が問題となりました。

  不動産は簡単に分けることができない

遺産分割の難易度は相続財産に占める不動産の割合に比例して高くなります。
なぜなら、不動産は現預金等と違い簡単に分けることができないからです。
その不動産が収益物件の場合難易度はさらに高くなります。
その不動産が生み出す収益も各相続人にとっては相続財産だからです。

遺産分割が難航すると相続人同士が必ず感情的になってきます。

  メリットデメリットを説明し、提案

そこで私はまず、遺産分割が整わない限り、預金は凍結され、
不動産収益に関しても誰も手がつけられない等のデメリットを説明、
遺産分割の早期解決について合意を得ました。

次に不動産を共有にすることは将来デメリットが大きい事、
こういった場合に「代償分割」という方法があること等、選択肢を3つに絞り、
そのメリットデメリットを説明したうえで、この中から選んではどうかと提案しました。

  実印を押した後の相続人の晴れやかな顔

…3月後、全員同意の上で分割協議が整い、遺産分割協議書に全員が納得して実印を押しました。
実印を押した後の相続人の晴れやかな顔をみながら、すでに冷めてしまった緑茶をすすり、本当にほっと一息ついた事をつい最近の事のように覚えています。

その時
「遺産分割の方向性を提示することも税理士としての大きな役割だ!!」
と確信するようになりました。

相続税が出る場合も、出ない場合も遺産分割は必ず行われます、
将来の事も考えた「正しい」遺産分割協議書に「納得して」実印を押すために、
一度相談してみませんか?







 



既に相続が発生された方

まだ相続の発生されていない方



出版物のご案内

まんがでわかる!!絶対に!!後悔しない相続申告